よく耳にしない?『クイックショット』ってなに?!【サバゲー初心者、未経験者必見!!】

おかずの記事をシェアッ|д゚)ノシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ぽちっと応援オナシャス(*´ω`)


サバイバルゲームランキング

やぁ!おかずだよ|д゚)ノシ

今回の記事ネタは

よく耳にしない?『クイックショット』ってなに?!

です(*´ω`)

どのサバゲーマーさんもそうじゃないかなぁと思うんですけど、サバゲーを始めてから少しずつ、なんとなーくサバゲーのことがわかってきたかなぁってなってくると、最初は何が何だかよくわからなかった

バリケード越しや障害物越しの撃ち合い

に意識が向けられるようになるかと思います

そこで実際思うのが、

『相手がこっちを完全にロックしてたらもう無理じゃん(゚д゚)!!』

っていうことですよねw

✳︎ロック相手がこっちに向かって銃口を向けていつでも撃てる態勢にあること

相手が出てくるところを構えてすぐ撃てる状態で待つことは、かなりのアドバンテージになりますよね!

写真はお互いロックし合うおかずとともさん

ロックが上手い人ほど、こっちがどんなに下からだろうが、上からだろうが出て撃とうとした瞬間、間違いなく当ててくることでしょう(ω)

そんな

ロックを崩す

ために先人サバゲーマーの方々はある技を開発したわけで(と、勝手に妄想)

それが

クイックショット

なのです!

※今回ご紹介するこのクイックショットに関しては、この界隈で賛否両論が絶えず繰り広げられています(´・ω・`)

参考までにオナシャス(*´ω`)

よく耳にしない?『クイックショット』って何?!

①クイックショットを使う意味

②クイックショットのやり方

③クイックショットの練習の仕方

の三本立てです(*´ω`)

れでは行きましょう!

①クイックショットを使う意味

さて、まずはこのお話から

先ほども少し触れましたが、クイックショットの最大のメリットとしては

相手から当てられにくくしながらも、相手を撃つことができる

というものではないでしょうか?

以前にも記事ネタにさせていただきました薄く構えるというものにも通ずるものがありますが、薄く構える以上にこのメリットを得られるかと思います。

サバゲー初心者、未経験者の方に向けた、エアソフトガンの薄い構え方についてのお話しです。

薄く構えることについて語った記事です(´ω`)

よかったらどうぞ!

構えずに、もしくは構えてでもいいですが相手を視認してそこに銃口を向け、相手を視認したうえでトリガーを引いて撃つ

という流れをした場合、相手がこっちをロックし、なおかつ薄く構えられてると間違いなく撃ち負けてしまうのは明白です

たとえ相手が構えてなく、こっちに気付いてなかったとしても上手い方であれば、こっちの動きに対応して撃ち返してくる方もいるかと思います。

そんなリスクを少しでも減らすことで生き残る確率を上げることができる!

それがクイックショットの最大のメリットかと思います。

もちろんクイックショットを使わずしても、いろんなサバゲースタイルがあるので撃ち勝つことはできるかと思いますが、技術の一つとして会得しておくのもいいかと思いますし、クイックショットがどんなものなのかを知ることで対策も出来るかと思いますので是非ちょっとでもいいのでかじっておくことをオススメします( ^ω^ )

②クイックショットのやり方

では、やり方にまいりましょう(*´ω`)

と行きたいところですが・・・

実はこのクイックショットですね・・・使ってる銃や形状、また、その人それぞれの体格ややりやすさなどで仕方がまるで変わってくるのです!

ようはこれが正解の形!と言うものがないとおかずは解釈しています(´・ω・`)

なので今回はクイックショットってこんな感じだよ!という流れと、そのポイントで気を付けてほしい事をお伝えしたいと思います(゚д゚)!

クイックショットの流れ

まずはこれからですね(*´ω`)

クイックショットって何?って問われた場合、ざっくり簡単におかず解釈的に言うと

1.相手から見えないように隠れている場所(壁とかバリケとか)から、銃を構えた状態で素速く露出

2.相手めがけて撃つ

3.相手から当てられないように素早く引っ込む

という工程を踏む事かなとおかずは解釈しています。

もちろんこの3つの工程の中や間に人それぞれのスタイルや解釈があるので絶対とは言えませんが、大多数の方がこの考え方に行きつくかと思います(*´ω`)

イメージしづらいかと思うので、まずはこんな感じだよっていう掴みをおかずの箱練動画で参考までに↓

この動画をもとに説明と、習得する上でのコツなどをお伝えしていきたいと思います(゚Д゚)ノ

では流れを掘り下げてみましょう!

1.相手から見えないように隠れている場所(壁とかバリケとか)から、銃を構えた状態で素速く露出

これなんですけど、まずこの動作に入る前に必ずしておかないといけない事があります|д゚)

そう!

・相手の位置の把握

です(*´ω`)

先ほどの動画を見ていただいてもわかるとおもいますが

相手の位置をクイックピークで把握しました

基本クイックショットはロックしている相手にとても有効な技で、相手がロックしている場所を把握し、そこに素早い射撃動作で相手の弾に当たらないようにして撃ち込むという流れです(*´ω`)

他のパターンとして、弾の飛んでくる弾道の高さで相手の位置を把握しそこに撃ち込むという技術もありますね(゚д゚)!

相手の位置の把握時のクイックピークについても追々紹介したいと思います(*´ω`)

相手の把握ができたらさぁクイックショットに入る準備です

・まずは銃を構えます

この時に気を付けないといけないのが、構えた時の自分の手や肩や足が相手の射線に出ていないかどうかです(゚д゚)!

ここで、構えた時点で色々出ちゃってると

*こっちはまだ出していないつもり

*基本的な構え方なら先に手や肘が出ちゃう

というダブルコンボで相手に当てられる、もしくはタイミングを読まれて当てられる確率をものすごくあげさせてしまうのです(´・ω・`)

では次、

・構えた状態で素早く露出

これですが、早ければいいというものではありません(´・ω・`)

そりゃあ、はやければはやいほど当てられる確率は減るでしょうし、なんかこう、かっこいいですよねw

ですが

自分がしっかりエイムと露出を制御できるスピード

これを意識してください(゚д゚)!

どんなに当てられないよう速く動いても10発撃って1発も当たらない

10発撃って10発当たろうとも、1発目で相手に当てられるくらいガバガバスピード

こんな感じであればクイックショットを選択する意味はありません(´・ω・`)

この2点はクイックショットを意識する上でとても重要です。

おかずのお知り合いのサバゲーマーさんの方々もこの部分は人それぞれ様々です。

体幹の強さと培われた精密な感覚エイムで高速クイックショットが可能な方もいれば、薄さと確実なエイムを求める方もいらっしゃいます

人それぞれです(*´ω`)

ここの部分は是非、ご自分でいろいろ試してみてください

おかずも絶賛色々試し中です(・ω・)w

それでも必ず

*エイムを確実に確保できるか?(感覚で当てられるはOK)

*弾を相手に送ることができる最低限の露出に体をとどめる

この2点を意識した動きを練習してください

2.相手めがけて撃つ

では、次

相手に対して露出ができたらこれです

相手めがけて撃つ

簡単に書いてますが、実際練習してる人がこれみたら

はぁ?(゚д゚)?簡単に言うなぁ(゚д゚)!

っていうと思いますw

それくらいこの項目も奥が深い部分なんです

・・・そうなんです、

クイックショットすると最初は全然当たらないんですwww

たぶんクイックショットを練習し始めてみようと思っている方は、ここの部分にまずハテナを浮かべるかと思います(・ω・)

先ほどまでは、相手の位置を捕捉し、構えて露出するという部分までを説明しました。

ここからの

相手をめがけて撃つ

の部分は先ほど捕捉した場所に向けて撃つことになりますので、体を露出するスピードを上げれば上げるほど相手を視認してそこに弾を送ることは困難になります。

だからといって視認できるスピードを極端に落として、視認をゆっくりしてから撃つという方法をとると逆に当てられる可能性がぐっと上がります

なので、おかずの場合は先ほど捕捉した場所に向かって構え、おかず自身がギリギリしっかり視認できるスピード保ちながら出ながら撃つという

『ほぼ』目測撃ち

になっています

よく、クイックショットを練習し始める人に

『敵って見ずに撃つんですか?』

ってきかれます(´・ω・`)

おかずの場合はショットの瞬間は敵の一部が見えています。

ほぼ目測撃ちでありながら露出して相手がギリギリ視界に入ったタイミングで多少の修正を無意識にしておりますし、なおかつ感覚としても掴んでいますので、ただ闇雲にさっき見た場所に撃っているわけではありません(´ω`)

ただ、やはり大幅な上下左右のズレには即座に対応は難しいので、クイックショットをしてくる相手に対して上下左右のムーブを入れて翻弄させる戦術は有効なんですよね(゚д゚)!

クイックショット相手対策みたいな記事も書こうと思ってるので、またこのお話はその時にでも

相手をめがけて撃つ時の上手くいくコツ

コツなんですが、

※目標に対して射撃時にしっかりと銃がまっすぐなっているか?

※目標に対してしっかりと視認できているか?

※クイックショットの動きによって射撃の構えがブレていないか?

他にも細かくありますが、まずはこの3つに意識を持っていく事が大事かと思います

※目標に対して射撃時にしっかりと銃がまっすぐなっているか?

クイックショットをする際、やはり重い銃を速い動作で動かしながら撃つわけですよね|д゚)

どうしても目標物に対して銃本体がまっすぐ向いてなかったり、傾いていたりと弾がまっすぐ飛んでいかない状況が慣れないうちは続きます

ぶっちゃけ言えば弾が出る瞬間に銃がまっすぐ向いていればいいわけなので、そのあたりを考えながらやってみてください(*´ω`)

あえてこの部分は正解をお伝えしませんw

この正解はおかずの中だけのおかずの正解なので、皆さんに当てはまるかどうかはちょっとわからないからです!

もし聞きたい方はDMでどうぞ(・ω・)

※目標に対してしっかりと視認できているか?

練習し始めた時は正直当てずっぽうで、捕捉した相手の場所に壁から素早く出て撃ち込むような感じで、当たったか当たってないかよくわかんないみたいな感じになるはずですW

と、言うのも練習し始めた最初はどうしてもクイックショットをした時の体の出具合や出方がうまくつかめず、ロックしているお上手な相手の方にヒットを取られてしまうので、スピードをついつい意識してしまうがためにエイムが犠牲になりがちです。

それがために目標に対してクイックショット時にしっかり視認ができない状態になってしまうんですよね(´・ω・`)

練習していくとだんだんとクイックショットをしているときでも一瞬の視認のなかで相手を捉えられるようになります

まずはあせらず、自分のできる範囲で無理なく視認ができる方法を探りながら考えてみてください(*´ω`)

※クイックショットの動きによって射撃の構えがブレていないか?

これは先ほどの目標に対して射撃時にしっかりと銃がまっすぐなっているか?という事にも通じます

ようはクイックショットをすることによって、本来当てられているような目標物にさえも当てられないようになっていないか?その原因は射撃の構えがブレていないか?ということです

通常大きい動きの無い中での構えは、そんなに時間をかけずとも無意識に自分の中に落とし込めるし、当てられるようになるものです。

しかし、クイックショットの動きの中の構えは色々な方法や形を試すなかで、しっかり当たる構えの形も細かく、またその人や銃に合わせて変わっていきます

そんなすぐに落とし込めない、細かく変わる構えに動きのブレがあるかなんてなかなかわかりづらいですよね(;´Д`)

ぜひ、上手く当たらない場合は動きのブレ意識してみてください(゚д゚)!

3.相手から当てられないように素早く引っ込む

相手に向かって弾を送り込んだら、相手からの被弾を避けるために素早く引っ込まなければなりません(゚д゚)!

しかし、この時も気を付けていただきたいことがあります

※引っ込む最後が肩にならないように注意する

※大きい動作で引っ込まずなるべく小さい動作で

この2点に注意してください(゚д゚)!

※引っ込む最後が肩にならないように注意する

練習し始めて、例えば壁を挟んでほかの方に引っ込み具合をチェックしてもらったりすると、恐らく

銃→手→肩

の順で壁内に引っ込んでいくような流れになってしまうんじゃないかなと思います(´・ω・`)

「撃ったった!(゚д゚)!早く引っ込まなきゃ!|д゚)!」

って焦る気持ちはわかります(*´ω`)W

しかし、意識的に早く引っ込むと肩が最後に残ることが多いので是非チェックしてみてください!

ちなみに、今回参考として載せている動画はこの引っ込む際の悪い例になっています(´・ω・`)

できるだけ銃と手と肩を平行に引っ込ませる感じを意識することをおすすめします(゚д゚)!

※大きい動作で引っ込まずなるべく小さい動作で

クイックショットをするにあたり、相手がロックしていたり撃ち返してきたりすると反射的に避けたくなり、なおかつちょっと大きくのけぞったりしがちですよね(´・ω・`)W

おかずもやはり意識していないと大きな動作になりがちなのですが、この引っ込む動作をなるべく小さくすることを強くお勧めいたします

というのも、大きい動作になると次にまた撃つ体制に戻るまでの間の時間というのは、もしかしたらもう一発相手に弾を送れるチャンスでありHITをとれたかもしれない一発だからです(゚д゚)!

もしかしたら相手がちょっとした隙を見せてこっちがロックできたかもしれない

もしかしたら相手がムーブしてきてそれに対処できたかもしれない

ちょっとシビアかもしれませんが、突き詰めるとそこまで考えることができちゃうんです(´・ω・`)

是非引っ込む際の動きもなるべく小さい動作を心がけてみてください(゚Д゚)ノ

③クイックショットの練習の仕方

練習の仕方は人それぞれあるかと思います(*´ω`)

その中でも基本的な、おかずも実際している練習の仕方をお伝えしたいと思います!

1.的撃ち

2.鏡前構え

3.1on1

この3つを掘り下げてお伝えしていきます(゚д゚)!

1.的撃ち

これは基本の練習ですよね(*´ω`)

ここで意識していただきたいのが

自分の静と動のスタンスは大丈夫か?

というものです

静のスタンスとしては

構える前の自分の立ち位置は大丈夫か?

構えている時の体は相手から見えてないか?

動のスタンスとしては

動き始めと終わりでのスピードと露出具合は大丈夫か?

構えの状態はおかしくないか?

という部分に特に意識していただきたいです(゚д゚)!

先ほどもクイックショットのやり方の部分でもお伝えした部分も含まれていますね(*´ω`)

もし一緒に的撃ちをしてくれるような友達がいれば、的の下や自分の横とかでチェックしてもらったり、動画を撮ってもらったりするとなお良いかもですね(∩´∀`)∩

出具合を見てくれているぼんば~さんとむらむらさんの図

2.鏡前構え

これはお家でできることですね(*´ω`)

鏡を見ながら鏡の切れ目を壁と仮定して、クイックショットをなるべく薄い露出で止める練習です

しかし、鏡は完全平行での自分の姿ですので、多角度から射線が通るサバゲーではちょっと感覚が変わるかもしれません|д゚)

完全平行対面での見え方という意識の元練習するといいかもしれませんね(゚д゚)!

3.1on1

実践形式でするならこれが間違いないですね(*´ω`)

おすすめはおかずも宮崎の方々に教えていただいた

『壁取り』

です

バリケをお互い一枚ずつはさみ、片方の一方向からしか露出しないように撃ち合う

というものです(゚д゚)!

右×右、左×左、右×左と組み合わせは自由です

1ON1の『壁取り』をてるぼーさんと(*´ω`)

やっぱりまだブレブレですし不安定でまだまだなおかずです(´・ω・`)

クイックショットだけでなく、ロックをしたり、引きロック(また記事ネタにします)を多用してみるのもありですよね(゚д゚)

この実践をすればするほど感覚を養えますし、サバゲー中でも余裕が出てくるかと思います

バリケ2枚ずつ用意して動きのある1on1とかもオススメですよ(*´ω`)

動画は手前:テルボーさん、奥:カタナさんのバリケ2枚の1on1(*´ω`)

テルボーさんのクイックショットは前後に動かすと同時に斜めに出るショットですね!

ムーブにも注目!

こちらはまるもさんのクイックショットと上下の切り替え(゚д゚)!

無駄のない最小限の動きですね!

上下の動きを入れることで、さらに相手に的を絞らせづらくするので効果的ですよ(*´ω`)

この映像たちはそんなに前ではありませんが、テルボーさんも、まるもさんも、おかずも、どんどんスタイルは変わっていってます(゚д゚)!

練習しているみな、口々に『まだまだ改善の余地がある』といいます(*´ω`)

それだけ奥が深く、また、考える楽しみを与えてくれるのでしょう(・ω・)

今回動画に多数出てきたフィールドさんは

北九州小倉南区、平尾台のふもとにあるフィールドさんであります

WOODBOX

Airsoft and sports shooting WOODBOX

にて月曜日19時から22時までの3時間、利用料1500円にてフィールドを開放していただいています(゚д゚)!

通称箱トレですね

おかずがWOODBOXさんの『箱トレ』に行ってきた感想ブログ記事です(*´ω`*)

箱トレ参加レポもよかったらチェックを(*´ω`)☝

Seven Bullets

HP:https://sevenbullets.militaryblog.jp/

北九州市若松にありますインドアフィールドです(゚д゚)!

だいたい土曜日ナイトやってます!

お上手な方も沢山いますし、なによりフィールドがおもしろい(゚Д゚)

凄く立ち回りを意識させられるフィールドですよ!

まとめ

少し長くなりましたが、上手く皆様にお伝えできましたでしょうか??

クイックショットの形はサバゲーマーの数だけある

といっても過言ではないのでは?と正直おかずは思いますw

人それぞれの体格や構え方、スタイルや使ってる銃によってクイックの形も相性があると考えます

また、何をもってクイックショットなのかと掘り下げてしまうと、明確な定義付けがされてないためなんともいえないのが現状じゃないかなぁと思います

おかずのお知り合いのサバゲーマーさんも、このクイックショットを使われている方が大多数です(*´ω`)

それだけ有効な技であり、お互いを認識した場合、壁を挟んで当てられず当てるという事を突き詰めるとおのずと身につく技術でもあるのでしょうね(゚д゚)!

昨今、サバゲーは色んな楽しみ方ができる遊びとなってきました

技術の向上を追い求めることだけがサバゲーではないことはおかずも賛成です!

しかしながら、技術を身に着けることでまた違った楽しみ方や世界が見えてくるのもまた事実ではないかと実際体感したおかずは思います(・ω・)

いま見えている世界とはまた違ったサバゲーの世界が見ることができる手助けができたのであれば光栄です(‘ω’)ノ

今回、おかずの動きやショットを中心に見ていただきましたが、まだまだお上手な方に比べると下手くそな方です(´・ω・`)

おそらく貴方の周りにもクイックショットをされているお上手な方がいるはずです(゚д゚)!

是非、見て、真似して、できれば教えていただき力として行ってください(*´ω`)

どうか、貴方に米のすすむサバゲーがあらんことを(*´ω`)ノシ

サバゲーのおかず 管理人プロフィール

名を おかず ともうします|д゚)ノシ

日本のとある修羅の国にてサバゲーマーをしております。
ふと、自分のサバゲー観念をアウトプットしたいという思いからブログをまったり、ゆるーくしております。

フィールドにて見かけたときはお声かけいただけると『ドゥフww』と喜びます。

ブログ頑張ろうってなるので、是非!

是非!!

お声をかけてくださいww

おかずの今までのサバゲー経験に基づき、初心者や未経験者の方々をパワーボムにて沼に突き落とすべく日々執筆中|д゚)

おかずを詳しく知りたい方はこちら↑

 

Twitterしてます|д゚)!

ブログの更新をTwitterにてお知らせしてますのでフォローよろしくです(*´ω`)!

その時はブログから来ました~とでも一言言っていただければ100%フォロバするのでよろしくおねがいいたします|д゚)