ドットサイトは妥協ダメ絶対!おかずが愛用してきたドットサイト紹介【サバゲーのおかず】

おかずの記事をシェアッ|д゚)ノシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぽちっと応援オナシャス(*´ω`)


サバイバルゲームランキング

やぁ!おかずだよ|д゚)ノシ

今回のブログネタは、おかずの愛用遍歴パーツ紹介ネタです(*´ω`)

おかずは以前から、光学機器に関してずっと右往左往しておりました(´・ω・`)

ホロサイトから始まり、チューブタイプにオープンサイト、なかなかしっくりくるものがありませんでした(;´∀`)

というのも、おかずの構え方がドットをドットサイトの端に捉える寄り目構えに加え、なるべく視野を広くしたい、死角を減らしたいというスタイルがゆえでした。

そんな中でも、これはよかった!と愛用してきた、運命の出会いをしたドットサイト達を今回紹介していきたいと思います(゚д゚)!

そして、おかずが撃推しな現在使っているSUREHIT MASTERくんもご紹介していきます(*´ω`)

実際におかずが使ってきて高コスパだった子達を、光学機器に悩んでるあなたへおかずなりなサイト選びのポイントも交え語りたいこの企画記事!!

よろしければお付き合いください(*´ω`)

ドットサイトは妥協ダメ絶対! おかずが愛用してきたドットサイト紹介

・おかずのドットサイトを選ぶポイント紹介、おすすめドットサイト紹介

・おかず撃推し!SUREHIT MASTER! 新品開封の儀&見え方レビュー

・SUREHIT MASTER使用例紹介

の三本立てです(゚д゚)!

よろしくオナシャス!!

・おかずのドットサイトを選ぶポイント紹介

まずはこちらから

おかずがドットサイトを選ぶ選考ポイントで一番の比率を置いていたものは、視野の確保でございます(・ω・)

というのも、低倍率のスコープも以前使っていたのですが、やはり交戦距離の短いCQB系フィールドをおかず自身が好むようになったのと、例え森林系フィールドに行っても、最前線で戦うスタイルが好きになってしまったことにあります(*´ω`)

ちょっと前までは軍装してよく野山を駆け回ってました(*´ω`)

左がおかずで、右はuraraさん

近接サバゲーにおいて、自分の死角や意図しないタイミングで相手が出てきた時の対処というのは、紙一重の一瞬の対応や視野確保が運命を分ける時が大いにあります

そんな視野の確保にオープンタイプのドットサイトは大いに力を発揮してくれる部分が多いと判断しました。

もちろん、スタイルの違いでショートスコープやチューブタイプのサイトを軽やかに近接戦闘でも使いこなせる方もいらっしゃるのでこの限りではないです

おかずは無理だったというわけで(´・ω・`)

いろんな形のサイトやスコープはそれぞれメリットデメリットがありますので、そのあたりを理解しながら使うと、もっと有効活用できるかと思います!

で、色々考え、実践投入を色々買ってみて試した結果

オープンドットサイトが使いやすい!

となったわけです(*´ω`)

色んなサイトつかってみました(*´ω`)

そのオープンドットサイトを選ぶうえで視野の確保とともに以下の4つを意識して選考していました。

①ドットが小さい

②周りのフチが小さい

③パララクスが少ない

④レンズがクリア

この4つです(・ω・)

では掘り下げていきましょう!

①ドットが小さい

まず、ドットが小さい利点としては

小さい的も狙える

という所にあるのではないでしょうか|д゚)

ドットが大きいと

近い相手や大きい的には大して影響はあまりない

のですが、

遠い相手や小さい的に対してドットサイトの点が大きくかぶさり、撃ってもあたらない

という形になりやすくなります。

大きいドットでサイト調整してしまっているので、その大きいドット内に弾は収まるのですが、実際の的は大きいドットの中に小さく収まってしまうので当たらないのです(´・ω・`)

ということでドットサイト選びにおいて、ドットの大きさはかなりのウェイトを占めているといっても過言ではないです!

②周りのフチが小さい

お次はこれ。

サイトのグラス部分を支える周りのフチの部分の厚さですね

例えば相手をロックしてドットサイト越しに捉えている、またはドットサイトを見ながらムーブしているという状況になったときに、このフチの厚さの部分は死角となるわけですね(´・ω・`)

その部分も加味して運用できるスタイルなら大丈夫かとは思いますが、まだまだサバゲーに慣れていない方は、その死角の部分を利用してくる手練れの方になかなか対応できない事が気づかぬうちにあっているかと思います。

そんなえぐいことしてくる人ほんとにいるんですか?とよく聞かれますが、断言します。

います!!w

そんな方々に対抗できる方法の一つとして、是非サイトの『フチの厚さ』まで意識してみるといいでしょう

③パララクスが少ない

3つめはこれですね

パララクスが少ないと書きましたが、そもそもパララクスの意味を知らないという人もいると思うのでおかずなりにまとめてみました↓

パララクスとは
ドットサイトでいえばガラスの湾曲で発生する、ドットと着弾点の差が発生すること
ドットをガラス部の真ん中で着弾点と合うように調整していても、ガラス部の真ん中以外にドットを合わせた際にどうしてもガラスの湾曲でドットと着弾点が変わってしまうこと
代表的なパララクスに、ドットサイトをハイマウント化した場合に近距離を狙撃した時に起こる上下のずれなどがそれにあたる

おかずなりにまとめてみたものなので間違いがあればご指摘ください(∩´∀`)∩

上下のずれ【パララクス】は皆さんももしかしたら経験あるんじゃないかなぁとおもいます。

ただ、左右のパララクスは特殊な構え方をした場合によく起こるので、普通に構えてガラス部の真ん中でドットを合わせれば発生しません

しかし、おかずみたいに薄く構えたい、ストックをしっかり肩当てしないなんてしてる人はドットサイトをフチ近くで合わせたりするもんですから、ガラス部の湾曲なんかで発生している人が多いです

 

こんな感じで構えるもんですから、ドットがフチの近くまで寄らないと見えませんw

この左右のパララクスのせいでなかなか精度の高いショットができないシーンが多くなり、また対戦する相手も薄い方が多くなってきているという昨今の福岡サバゲーシーンではこの問題が壁となっていました(´・ω・`)

ですが、ちゃんとそこもクリアできるサイトがあるんですねー

光学機器はすごい!

このパララクスもぜひ、意識してみるといいと思います(゚д゚)!

④レンズがクリア

最後にこれ

レンズ【ガラス】のクリアさですね!

おかずがサバゲー始めたころは、レプリカでもいいものはそれなりにいい金額していました(´・ω・`)

安いものはだいたい見えずらかったり、暗かったりとなかなかいいものはなかった記憶があります。

それが昨今ではどうでしょう!!

ドットも小さい、レンズ部のクリアで低価格

そんなサイトが増えてきましたね(*´ω`)

このレンズのクリアさは、高価な実物系のサイトを覗いたことがある人は差がわかるのではと思います。

どうしても少し青みががってしまう、暗い、ガラスの質が悪くゆがんでいるetc…

ガラス部がクリアであればあるほど、覗いていない目とのシンクロ率は上がり自然なサイティングが可能になるかと思われます(*´ω`)

先ほども書きましたが、遠くの小さい的を当てるシーンもあればめちゃくちゃ構えが薄い人も増えてきたここ最近のサバゲー事情(´・ω・`)

ちょっとした見えづらさに足元をすくわれることも少なくはないんですよね。。

逆を言えば見えづらさで上手くいかないと感じる人は、この部分を改善するだけでめちゃくちゃ上手くいくこともありえるので意識することをおすすめしますよ(゚Д゚)ノ

と、いうことで1から4までのおかずの意識したポイントを挙げてみました!

で、実際おかずが使ったことのある&覗いたことのあるおすすめのドットサイトを1から4のポイントに合わせて紹介していこうと思います

・色んなとこから出てる不明ドットサイト

  

まずはこれ(*´ω`)

入門用のオープンドットサイトとなるとよく見ますよね

でもこれ、上級者さんもよく使う超コスパに優れたドットサイトなんですよね(゚д゚)!

先ほど上げた①~④をほぼ平均点以上に網羅してくれてるドットサイトです

とりあえずドットサイトを使ったことないから買ってみたいという方にはオススメ!

形に不満がなければ|д゚)

難点はドット調整幅が少し少ない事ぐらいです

・東京マルイ マイクロプロサイト

    

きました!

ド安定の東京マルイさんシリーズ(゚д゚)!

ハンドガンに乗せられるドットサイトということで、出た当時はバカ売れ、品薄、転バイヤーが倍の値段吹っかけていてそれでも売れてたなんて言う伝説の一品です

グラス部が割れにくいポリカーボネイト製でできていて、特にレンズカバー等を付けなくてもいいという部分もウケた要因の一つと思われます(*´ω`)

難点といえば

ドットのサイズがちょっと大きい

ガスブローバックタイプのハンドガンなんかに着けるとドットがずれることがある

という症例をききますが、少し工作できる人ならドットは小さくできるし(ネット調べるとすぐ出てくる)ドットずれも機構がわかれば対策もしっかりできます。

ただ、フチにドットを合わせる構え方では左右のパララクスが結構でてしまうので注意です(;´Д`)

①~④にあてはめると不満な点がおかずはでてきたので切り替えた次第ですが、しかしながら使いやすさ、汎用性の高さ等、総合点では間違いない!流石東京マルイさんですね(*´ω`)

とりあえずハンドガンにドットサイトを!というならばまずはこれを試してみるといいかもです(゚д゚)!

とりつけマウントも各社社外パーツメーカーさんがこぞって出してますよ

・ノーベルアームズ コンバット80

   

お次はこの子!

コンパチの愛称で親しみのある、これまたコスパ最強のドットサイト君です(*´ω`)

ちょっと大きさがあるので、基本長物に使うイメージですね

CQB系フィールドでVSR10などのロングレンジ狙うけどドットサイトで行くぜ!みたいな手練れの方がよく使っている気がします(・ω・)

①~④に当てはめると大きさがちょっとある分、フチも含め死角が増えるかもしれませんが、それを補って余るほどの、ドットの小ささ、パララクスの小ささ、クリアさが売りです(゚д゚)!

この金額くらいで何おすすめしますか?ってきかれたら間違いなくこれですねW

あと、ドットの大きさを選べるのですが、絶対

3MOA

を選んでくださいね|д゚)

8MOAは大きいですから汗

・ノーベルアームズ SUREHIT MASTER

  

最後にこの子!

おかずが現在愛用しているドットサイトです(*´ω`)

後ほどまた詳しく記載しますが、大きさもちょうどいよく、先ほど上げた①~④のすべてを高ポイントでクリアしているドットサイトです。

もちろんもっとお金を出せばもっと高いポイントで①~④をクリアできるドットサイトが手に入るかもしれませんが、正直この子くらいでもおかずには十分すぎる内容でした(゚д゚)!

今使っているドットサイトからステップアップしたい

ちょっとお金を多く出してもいいからいいドットサイトをいれてみたい!

という方にうってつけのサイトだと思います(*´ω`)

ちなみに4つほどドットサイトをレビューしましたが、すべておかずの個人的感想ですのですべての方に当てはまるわけではありません

また、実装される場合には必ず被弾対策をしてくださいね(゚д゚)!

最近は専用品やかっこいいタイプもそろってきていますね(*´ω`)

・SUREHIT MASTER 新品開封の儀&見え方レビュー

オープンタイプのドットサイトは今までも何種類か使用してきましたが、フチの幅が大きかったりドットが大きかったりという不満点が多少あったのは事実です

先ほどからお伝えしている通り、寄り目構えをしたときに、どうしてもドットがフチに寄ってしまうので左右のパララクスが発生するという問題点がありました

で、色々とネット徘徊を夜な夜なしていたときにSUREHIT MASTERくんを発見し、良いレビューが多かったこともあり購入に至りました

もともと、ドットサイトに必要以上にお金をかけるつもりは当時からなく、1万円超えるドットサイトなんて笑止千万!

必要ないない(゚Д゚)ノシ

なんて考えがありましたが一瞬で172度くらい考え変わりましたね(´ω`)

では前置きが長くなりましたが、早速ご紹介していきましょう!

箱からして高級感漂ってました(・ω・)

しっかり付属品もきれいに梱包されておりなかなか好感が(*´ω`)

 

作りが本当にしっかりしています(゚д゚)!

 

 

四面から見るとこんな感じ

ドットの調整はクリック感のあるタイプです(*´ω`)

マイクロプロサイトの六角タイプと違ってマイナスドライバーで行けるのがうれしいポイント

電池もわざわざ本体をマウントから取り外さずに交換できるのがいいですよね(゚д゚)!

ドットはこんな感じ

☝YOUTUBEに見え方載せました!

画像や動画では伝わりにくいですがとてもレンズがクリアでドットもにじみが少なく小さいです(*´ω`)

上を見ると上限のないこのサイト界隈ですが、少し手伸ばせば買えるかもしれないこの価格帯でこのつくりは素晴らしいと友人たちもうなっておりました(・ω・)

色々試行錯誤をしてたどり着いたおかずも、もう半年以上不満なく使ってますし

この通りもう一つ増えましたw

で、写真には撮ってませんが実はもう一つ生えてきまして、計3つありますw

それだけ満足しているサイトになります(*´ω`)

・SUREHIT MASTER 使用例紹介

ということで、おかずが実際どんな感じにこのSUREHIT MASTERくんを使っているかのご紹介です

ARP9には前側にマウントしています(*´ω`)

フチの薄さ、前にマウントしても程よいグラスの大きさとパララクスの少なさを生かせる配置です(゚д゚)!

最近はもうこの前側マウントをしている方も少なくなってきましたが、これに慣れちゃっているせいでこのまましています(・ω・)

 

ハンドガンではグロックくんにも装着しています(*´ω`)

私は特に大きさに不満はありませんが、ちょっと大きく感じられるのであれば

SUREHIT MRS

も選択肢の一つに加えてもいいかもしれませんね(゚д゚)!

おかずの場合は、マウント自体がスライドではなくグリップ部にマウントするタイプなのでブローバックは気にしないで済みますが、スライドに直付けする場合は注意が必要です!

スライドの動きや、スライドの衝撃に対するドットサイトの故障などがあげられますね(´・ω・`)

色々試行錯誤してみてください(*´ω`)

まとめ

さて皆さま、微力ながらもお力添えとなりましたでしょうか?(;´Д`)

サバゲーを楽しむにあたって、狙った場所に弾が飛んでくれることはとてもポイントとして重要な項目に入ってくるかと思います(・ω・)

もちろん、アイアインサイトを極めている方や、サイトなしの『心眼』で当てられる人も中にはいます(゚Д゚)w

ですが、サバゲーを始めたばかりや慣れないうちは光学機器に頼るのもアリだと思いますよ(*´ω`)

今回はオープンタイプのサイトばかりをご紹介しましたが、ほかにもチューブタイプやホロタイプなどたくさん種類があります!

サバゲーにご一緒する方が使いやすそうなサイトをつけていたら、のぞかせていただいたりお話を聞いてみるといいかもしれません(・ω・)

あらたな『沼』が貴方をおまちしておりますよ・・・|д゚)フフフ。。

それでは皆様の米の進むサバゲーを祈願いたしまして!

米進~(゚Д゚)ノシ

サバゲーのおかず 管理人プロフィール

名を おかず ともうします|д゚)ノシ

日本のとある修羅の国にてサバゲーマーをしております。
ふと、自分のサバゲー観念をアウトプットしたいという思いからブログをまったり、ゆるーくしております。

フィールドにて見かけたときはお声かけいただけると『ドゥフww』と喜びます。

ブログ頑張ろうってなるので、是非!

是非!!

お声をかけてくださいww

おかずの今までのサバゲー経験に基づき、初心者や未経験者の方々をパワーボムにて沼に突き落とすべく日々執筆中|д゚)

おかずを詳しく知りたい方はこちら↑

 

Twitterしてます|д゚)!

ブログの更新をTwitterにてお知らせしてますのでフォローよろしくです(*´ω`)!

その時はブログから来ました~とでも一言言っていただければ100%フォロバするのでよろしくおねがいいたします|д゚)